ホームログインカート
書肆鯖【ショシサバ】
メンバー
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れすじ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
店長プロフィール
muneyuki
ネット古書店です。が、人・モノとの生臭い出会いを常に求めているため、某かの古本イベントやホラー漫画関連の何かに出没することがあります。

Twitter:bookssubba
店長日記はこちら
ホーム 怪奇系の本やマンガ 貸本ホラー
商品名:月宮よしと(鬼城寺健) / 蛇太郎の復活(貸本)
出版社:東孝社
タイトル:蛇太郎の復活
作者:月宮よしと(鬼城寺健)
サイズ:A5
状態:おそらく70年代前半頃に発行。貸本に使用されていたもので、ビニールカバー・テープ貼り付き・紐とじ。ビニールカバーの表表紙部分だけ外れており、背表紙に残った部分が背表紙を持って行きかけています。ビニカバが取れたためか、表表紙のダメージ強め。3ページ目の角に欠損があるものの、ページハズレや落丁は無く、通読に支障はありません。貸本としてもイタミが全体的に強めであることをご理解の上、ご購入をご検討下さい。

のちに新書判にて再編集される「蛇太郎」シリーズの元判。これが2冊目だったと思いますが、単体で全然読めます。
蛇を殺した祟りなのか、侍・本田家に産まれた息子には、蛇の如く全身に鱗があった…。本田家はまぁ色々あって断絶され、何やら隠し財宝がある、と聞いた元家臣たちと蛇太郎によるバトルがスタート。恐ろしい見た目ながら、結構可愛らしい所も多々あって、「蛇太郎頑張れー!」と応援しながら読み始めてしまうことでしょう。
微妙(?)に表紙の絵と扉絵で蛇太郎のデザインが違うのはやはり貸本マジックですが、とはいえ貸本作家の中でも月宮よしと先生はかなり絵が上手い作家さんで、普通に時代劇マンガとしてもすんなり面白く読めます。
ちなみに最後の画像は、悪い家臣グループ中の悪い医者に麻薬を摂取させられ、麻薬中毒になっている蛇太郎。蛇太郎負けるな頑張れー!と応援したいところでしたが、本当にもう、このあとすぐ、まるでもうページが無いよと言わんばかりに大蛇が登場、全部ぶっ壊して、この本・物語は終わってしまうのです…。次の『蛇太郎奇談』を早く読まねば!

SOLD OUT
定価: 220円
販売価格: 0円
最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
カラーミーショップ Copyright (C) 2005-2019 GMOペパボ株式会社 All Rights Reserved.